2018秋M3 闇音レンリボーカルアルバム【月と星の声】
VRChat CloverCherry & SecretGarden オリジナルサウンドトラック
CrossingYourself - MinaFrancesca & Eiji - 1st Release.

すべては歌へ 五線譜描く月と星の輪舞
2018秋M3 東京流通センター(TRC) 第二展示場2階 サ-23a【CrossingYourself】 NEW RELEASE 1ST ALBUM - 月と星の声 - 頒布価格 1,000円
Illustration / siho ○●

CrossingYourself - 闇音レンリ ボーカルアルバム甘美な旋律と
激情が交錯する夜想曲

UTAUボーカルライヴラリ【闇音レンリ】を全曲で起用し、
激しいロック、ヘヴィメタルの要素と、煌びやかなシンセサウンドで構成されたボーカルアルバム。
闇音レンリ起用の楽曲としては他に類を見ない程の激しく激情に溢れたサウンドと、美しく紡がれた主旋律。
そして幻想的な世界を描き出す歌詞には、ひとことでは言い表せない程の深いメッセージ性を持ち、
闇音レンリの次第に熱を帯びる歌唱と相まって、そこには確かな情景が生まれ、そしてその裏には叫びが隠されている。
どの楽曲も、強い言葉達が五線譜に乗って、UTAUボーカルライヴラリという概念を突き破る。

さらにCD後半には、ソーシャルVRゲーム「VRChat」にて、MinaFrancescaが描き下ろしたピアノ曲を収録。
MinaFrancescaが闇音レンリの姿でマスターを勤める「CloverCherry」「SecretGarden」の曲をはじめ、
kagamiiiiin氏が運営するMirror'sNightBarのピアノ曲、さらに、特別な友人に向けた描いた、想いに溢れた曲や、本作のために描き下ろされた新曲も収録。
すべての楽曲が、本作のためにミキシング調整を一新し、さらに情緒溢れるメロディとなっています。

本作「月と星の声」は、かつて「Tinkerbell Sound Label」として何枚ものアルバム、
いくつもの楽曲をリリースしてきたコンポーザー【MinaFrancesca / 旧名:神凪琉榎】と【Eiji】による新規ユニット、
「CrossingYourself」の完全オリジナル最新作。
美しく艶やかに、しかし残酷な描写を掛け合わせた、ファンタジーオルタナティヴのMinaFrancesca
爽快で妖しく、時として重々しいギターサウンドのグルーヴとメロディアスを奏でるEiji

3人の甘美な旋律と激情が交錯する
すべては歌へ、五線譜描く、月と星の輪舞

Moonlight Parade

Tracks - 収録曲一覧 -

All Tracks Vocal / 闇音レンリ

Illustration / siho ○●

  • Track01 Cast a Shadow Music / Eiji
  • Track02 Moonlight Parade Compose / MinaFrancesca
  • Track03 Memory of Cradle Compose / Eiji
  • Track04 Missing Fragments Compose / Eiji
  • Track05 Artistic Flowers Compose / MinaFrancesca
  • Track06 My Illumination Compose / MinaFrancesca
  • Track07 Saturation Compose / Eiji
  • Track08 Blue Red Black Compose / MinaFrancesca
  • Track09 End of the Voice Compose / MinaFrancesca
  • Track10 My Little Crown PianoSolo / MinaFrancesca
  • Track11 Snow and Moon PianoSolo / MinaFrancesca
  • Track12 Secret Garden PianoSolo / MinaFrancesca
  • Track13 Reflect Here PianoSolo / MinaFrancesca
  • Track14 Fishbowl and Sunflower PianoSolo / MinaFrancesca
  • Track15 Clover's Memory PianoSolo / MinaFrancesca
  • Track16 Nocturne PianoSolo / MinaFrancesca

MinaFrancesca 制作の楽曲クロスフェード【2018/10/18更新】

MinaFrancesca End of the Voice ショートバージョン【2018/10/18更新】

MinaFrancesca ピアノソロ楽曲クロスフェード(一部曲を除く)

Memory of Cradle

Moonlight Parade

Vocal / 闇音レンリ Compose / MinaFrancesca

例えばこの瞬間に時が止まれば
どれだけの音が闇に消えていくだろう
煌めく月の光が水面に咲く
閉ざされた世界の先微かに浮かんだ

壊れかけの時計から
今、聴こえてくる秒針の音
「歪んでいくよ」

砕け散る蒼い結晶
光のパレード
降り注ぐ夜の空
月と星の声
奏でていくよ、紡ぐ歌
蒼く反射した声が
闇の中ずっと光り輝いた永久
例えばこの旋律で泣き叫んでも
きっと誰の胸も突き刺せない脆くて
包帯巻かれた先の虚無の宇宙に
君だけが月の様に浮かんで艶やかな

砕け散る蒼い結晶
光のパレード
降り注ぐ夜の空
月と星の声
映っているよ、僕の目にも
君の歌う闇の音が
いつまでもずっと胸を締め付けて離さない
歌い叫んでいた

Artistic Flowers

Vocal / 闇音レンリ Compose / MinaFrancesca

灰色に浮かんだ球体
錆び付いてくここは夢
風も無く揺れる白い花
滲む光 震えてる

Ah...絡み合う
ここで終わるの?
私だけを見てよ

もう貴方を引き裂いても
私は満たされない
渇いた声で叫ぶ
その姿愛しい
見開いた目 嬉し涙
花びらで隠した
爪を立てて突き破れば
白は赤に染まってく

散らばった記憶を手に取り
朽ちた空に重ねれば

Ah...いつからか私怖いの
貴方のこと「   」

もう貴方を蝕んでも
私は満たされない
歓喜がこびり付いた
鮮やかに叫んだ
私だけが愛していた
そこに無い瞳孔に
花を植えた 風が吹いた
私に捧ぐ芸術

Profile - コンポーザープロフィール -

Mina Francesca - ミーナフランチェスカ -

好きなものはウイスキーとエビフライの尻尾。
苦手なものはさつまあげの炒め物。
ジャパニーズシングルモルト響をこよなく愛している。おそらく死んでもしばらく腐らない。
2013年に活動を終了したTinkerbellSoundLabelのリーダー(旧名:神凪琉榎)であり、現在はコンポーザー、ウェブデザイナー、各種ゲームのUIデザインを仕事としている。
今も大きくは変わらない作曲スタイルで、ダークファンタジーの世界を描く。
そろそろ年齢を気にしたほうがいいと思いながらもガーリーなレディースファッションを好む。

Eiji - エイジ -

酒とぶらり旅で遊泳生活をしている人。
大体の日はお腹が痛い。
急に音信不通になり山奥の温泉に行くのが特技。いつかクマに遭遇して死ぬのだろうと思う。
気の赴くままにバンドでギター弾いたりドラム叩いたり、どこかの同人サークルに参加したりしている。
人畜無害っぽくエイに擬態しているが体はたいらではない。

Blue Red Black

Missing fragments

運命のボーカリスト 闇音レンリとの出会い

Write by MinaFrancesca

UTAUボーカルライヴラリという存在すら私は知らなかった。
音声合成の音楽シーンは、ボーカロイドが主流なのだとずっと思いこんでいた。今となっては、視野の狭かった自分を悔いるばかりである。
UTAUという存在を知るキッカケになったのは、VRChatというソーシャルPCゲーム。
そこで使用する自身のアバターを探している時、この「闇音レンリ」を知ったのだ。
少しあとの話になるが、MMDモデル制作者様の直接の利用許可のもと、VRChatの世界では、私は常に「闇音レンリ」の姿で在り続けている。
しかし、音楽コンポーザーとしての私はこれだけに留まりたくは決して無く、UTAUボーカルライヴラリとして、本来の闇音レンリをより深く知り、そして闇音レンリのために曲を描き、闇音レンリに私の描く世界を歌ってほしいという衝動に駆られた。
実に様々な闇音レンリ起用の楽曲を聴き、私はどんどんその歌声に引き込まれ、そして気づけば、本作の主題曲、MoonlightParadeを描いていた。
様々な楽曲を聴いたが、しかし、私が普段から作っているような音楽ジャンルは少なく、いや、むしろ無いといってもいい。
重々しいバンドサウンドと、そこに重なる煌びやかなシンセサイザー。ファンタジックでありながらも、メッセージ性の強い歌詞が胸を突き刺す、そんな楽曲を、闇音レンリにどうしても歌ってほしかった。
結果、MoonlightParadeをはじめ、私が制作した他4曲、どれもがあまりにも奇抜であり、時に残酷で、狂気に満ち溢れ、UTAUボーカルライヴラリという枠を飛び越えたかのような、感情を揺さぶる楽曲が仕上がったと感じている。
もう5年も前の話になる。長年活動してきた、ひとつの音楽レーベルの活動を終了した。それはあまりに唐突のように思えた。
しかし、そこでやれる自分の音楽に限界を感じていたのも事実で、それから、同じくメンバーであった、Eijiと何度か企画を起こしたものの結局完成には至らぬまま、数年が過ぎた。
仕事の忙しさも確かにあったが、それでも、この数年間は、自分の音楽スタイルを見つめ直す良い時間だったと、今ではそう感じている。そしてそれを形にしてくれたのが、闇音レンリ、まさに運命のボーカリストである。
出会いはVRChatという、少し変わった形ではあったものの、その世界では私は、変わらずピアノを弾き、限られたコミュニティではあるものの、少なからず誰かに感動を与えてきたように思う。自ら舞台(ワールド)を作り、ピアノ曲を描いてきた。
そこに集まる素敵な人達に支えられ、今こうしてひとつの作品を創り上げるに至ったのだと、自信を持って言える。
いくつかの偶然、いくつかの奇跡が重なり、私は今、闇音レンリが大好きである。
闇音レンリが私に与えてくれたものはあまりにも大きい。
闇音レンリというボーカリストを、そして闇音レンリの姿を、この先も大切にしていきたい。